保護者の皆さまへ

  • Jドリーム三条では、子ども達の自主性を重んじています。
    誰かに言われて行動するのではなく、周囲の状況を観察し、考え、自ら進んで行動する選手の育成を目指しています。
    これはサッカーというスポーツにおける重要な要素でもありますが、日常生活でも同様です。
  • 試合前後の準備や片づけなどの場面で、見ていてイライラすることがあるかもしれません。
    でも、そこはグッと堪えて、選手自らに最後までやらせてあげてください。
  • 特に思春期に入ってくると、周囲の「目」も気にしだします。周りの選手が準備を終えているのに、自分の子どもだけがそうでない場合など、ついつい手を出したくなるかもしれませんが、かえってそれが悪影響を及ぼすこともあります。
    選手が、周囲を観察し、気づき、自らで改善する「チャンス」を奪わないであげてください。
  • また、試合の前など、つい近くで声をかけたくなることもあるかと思いますが、選手同士で試合に向け集中していることもあります。
    どうか、子ども達の世界(時間)を大切にしてあげてください。
  • 「プレイヤーズファースト」であることを心がけ、どうか常に暖かく見守ってくださるよう、ご理解とご協力をお願いします。
  • そのかわり、試合では、目いっぱい応援してあげてください。
    ナイスプレーには拍手を、失敗には声援を、全ての選手にお願いします!!

最後に、ノルウェーサッカー協会が作成した「親のための10の心得」をご紹介します。

親のための10の心得

  1. 試合や練習を見に行ってあげましょう。
    ~子どもはそれを望んでいます~
  2. 試合では全ての子どもを応援してあげましょう。
    ~自分の子どもだけではいけません~
  3. 調子の良い時だけでなく、悪い時も勇気づけてあげましょう。
    ~批判してはいけません~
  4. チームリーダーを尊重してあげましょう。
    ~彼らの判断に圧力をかけないようにしましょう~
  5. レフリーはインストラクターとみなしましょう。
    ~判定を批判してはいけません~
  6. 子どもが参加することを刺激し、勇気づけてあげましょう。
    ~プレッシャーにならないように~
  7. 試合がエキサイティングだったか、楽しかったか聞いてあげましょう。
    ~結果だけ聞くことのないように~
  8. サッカーにふさわしい、節度ある用具を準備してあげましょう。
    ~大げさになってはいけません~
  9. クラブの仕事を尊重してあげてください。
    ~積極的に親のミーティングを持ち、どのような態度で臨むべきか話し合いましょう~
  10. 忘れないでください。サッカーをするのはあなたの子どもです。
Top